​プロフィール

武澤 秀平(たけざわ しゅうへい)

チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学器楽科チェロ専攻卒業。同声会賞受賞。

2006年~2013年新日本フィルハーモニー交響楽団チェロ フォアシュピーラー。

これまでにヴィーラント・クイケン、ロレンス・ドレイフュス、上村かおり、エマニュエル・バルサ、ガエタノ・ナジッロ、アンナー・ビルスマ各氏のレッスンを受ける。チェロを崎野敏明、三木敬之、菊地知也、山崎伸子の各氏に、ヴィオラ・ダ・ガンバを福沢宏氏に師事。

2015年から2018年までデン・ハーグ王立音楽院にてヒストリカルチェロをルシア・スヴァルツ、ヤープ・テル・リンデンの両氏に師事。キャサリン・ジョーンズ、アルベルト・ブリュッヘン、リヒテ・ファン・デア・メール氏のマスタークラスを受ける。ヴィオラ・ダ・ガンバをミネケ・ファン・デア・フェルデン、フィリップ・ピエルロの各氏に師事。これまでにバッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、クラシカル・プレイヤーズ・東京等のチェロ奏者を歴任。ザ・ロイヤルコンソート メンバー。ヴァイオリニスト古澤巌とのアンサンブル、イ・バロッキ音楽監督。

2015年まで桐朋学園大学古楽器科非常勤講師。現在はフリーランス奏者として多方面で活動中。オランダではオランダ・バッハ協会の公演にも参加した。

 
 

​出演情報   

2022年2月15日(火)20時開演

カフェ・モンタージュ(京都)

「ユーモラスなパヴァーヌ」 - ガンバ&テオルボ

詳細はこちら

2022年2月16日(水)14時&19時開演

あましんアルカイックホール・オクト(尼崎)

 古澤巖 バロックの昼と夜

詳細はこちら

 

2022年2月17日(木)15時&18時45分開演

宗次ホール(名古屋)

 古澤巖 バロックの昼と夜

詳細はこちら(昼の部) 詳細はこちら(夜の部)

2022年2月18日(金)15時&19時開演

​ハクジュホール

 古澤巖 バロックの昼と夜

詳細はこちら

2022年3月3日(木)18時30分&5日(土)14時開演

川口総合文化センター・リリア

G.F.ヘンデル オペラ『ジュリオ・チェーザレ』

アントネッロ〈オペラ・フレスカ 7〉

詳細はこちら

 
 
No posts published in this language yet
Stay tuned...

​リンク

 - オブレヒト音楽院(茨城県守谷市)

 - ジョーバン・バロック・アンサンブル

 (常磐線沿線ゆかりの音楽家による)

​コンタクト・お問い合わせ

メッセージを送信しました